レンタカー事故対応

ドライブに役立つ沖縄の交通情報

  • 安全運転 について
  • 交通ルールについて
  • 車内に注意防犯対策
  • 要注意のバスレーン
  • レンタカー事故対応

レンタカー事故について

レンタカー事故の大半は観光でのご利用で、なれない道路と長時間の運転での疲労による注意力低下が主な原因と思われます。 こまめな休憩をとり安全運転を心がけましょう。
また食後の満腹感による運転も注意力の低下の原因になります。
飲食店での駐車場内においてのポールや相手車への 接触事故が一番多いといわれています。

もし事故が起こったら

※キズやヘコミの大小、相手のあるなしにかかわらず、事故扱いとなります。

  • 1負傷者の救護
    まず負傷者の有無を確認してください。
    負傷者がいる場合は速やかに安全を確保し(二重事故を防ぐため)、救急車(119番)の手配又は可能な応急手当をしてください。
    負傷者の救護
  • 2警察への通知と届出
    警察(110番)に連絡し詳細を伝え事故処理をしてください。
    警察への届出が済みましたら、交通事故証明書を取得できるよう手続きをしてください。
    警察への通知と届出
  • 3営業所への連絡
    各レンタカー会社(営業所)への連絡をしてください。
    ※営業時間外での事故の場合は、翌朝必ずご連絡をお願いします。
    営業所への連絡

その後の手続きなど

  • 1.営業所にて事故受付
    原則、事故をおこした時点で貸し出し契約が解除(事故の内容により各レンタカー会社によって対応が異なります)になります。
    営業所にご来店いただき事故受付をいたします。
    事故状況、相手方の確認等の詳細の聞き取りなどがあり。
    その後、レンタカー会社の契約の保険会社へ連絡し処理にあたります。
  • 2.負担金のお支払い
    事故による負担金をお支払いただきます。
    (ノン・オペレーション・チャージ(NOC)、保険免責額・保険等による 補償額を上回る金額)

故障事故が発生したら

  • ご利用中に万一、エンジントラブルや故障が発生した場合は、必ず出発営業所まで ご連絡して下さい。
    パンク修理は、お客様のご負担となります。お近くのガソリンスタンド等で修理をしてください。
    キー紛失等についても、お客様ご負担となりますのでご注意してください。
    ※修理などで時間がかかり、返車時間に遅れる場合は、出発営業所まで必ずご連絡して下さい。
  • ■ノン・オペレーションチャージ(NOC)について
    レンタカー借受中に事故を起こし、車両に損傷を与えた場合には、車両の修理期間中の営業補償の一部として、ノンオペレーションチャージ(NOC)が発生します。
区分 金額
車両が予定の営業所に返還された場合 20,000円
車両が予定の営業所に返還されなかった場合 50,000円

※車両の損傷の程度や修理の所要時間に関係ありません。

車両・対物事故免責額補償制度(CDW)にご加入の場合でもご負担いただきます。NOCには消費税(地方消費税含む)はかかりません。

ページの先頭に戻る

アマゾンギフト券と交換できるたびんふぉポイント