沖縄でレンタカードライブを楽しむ!3つのポイントをご紹介

こんにちは!たびんふぉスタッフのsです^^
8月も最終週を迎えました!夏休みは国内外から多くの観光客が訪れた沖縄ですが
その裏で、外国人観光客の増加に伴う影響について県内の自治体へアンケートを行った所、
12自治体が「オーバーツーリズム」や「観光公害」などのトラブルが起きていると回答したようです。
284f274ef0057f7acbe1e3048c445ba2_s
オーバーツーリズムとは観光地が耐えられる以上の観光客が押し寄せる状態のことを指し、アンケートでは「通勤・通学ラッシュ時に大きな荷物を抱えた観光客の増加から県民が乗車できない」や「クルーズ船寄港時のバスやタクシーなどが足りず困っている」等の声の中に「レンタカーによる事故の増加」という問題もあげられました。
外国人観光客はもちろんのこと、国内旅行で訪れた観光客にとっても慣れない土地での運転に不安を感じる方も多いはず。
前置きが長くなりましたが今回は沖縄でレンタカードライブを安心して楽しむ為のポイントを3つに絞りご紹介致します。

慢性的な渋滞に注意!

沖縄にはモノレール(ゆいレール)があるものの、その他の交通手段といえば自家用車・バス・タクシーと、移動手段が全て自動車です。
その為、本島市街地の交通量が多く、特に朝・夕の通勤時間帯、(特に雨の日!)には大規模な渋滞が発生します。
49cf901b5017b3046469fbf4058c07c3_s
レンタカー返却時に渋滞にあたってしまうと気持ちの焦りからついつい無茶な運転をしてしまう事がありますので時間には余裕をもってスケジュールを組むと良いでしょう。
もしくは朝夕のラジオの交通情報で渋滞情報を確認・混んでいる道を避けるのもお勧めです。

事前にバスレーン区間を確認!

レンタカー会社の多い那覇の中心部では、朝夕の通勤時間帯にバスレーンというバス専用車線が設けられており、
基本的には7:30~9:00と17:30~19:00の間、那覇市の中心を走る58号線では三車線の一番左側の車線がバス専用となります。
朝夕のラッシュ時にバスレーンを走らせて時間が狂わないようにするシステムなので、取締りも厳しくレンタカーでもどんどん取り締まりに捕まっていますので注意してくださいね><
たびんふぉ内の下記のページに該当道路などの情報が詳しく掲載されているので是非参考にされてください。
沖縄のバスレーンを事前にチェック!
一部のレンタカー会社では出車時にバスレーンMAPを渡してくれるようなので安心ですね^^

動物の飛び出しには注意!

特に注意が必要なのがヤンバル地域での運転です。ヤンバルには希少なリュウキュウリクガメヤンバルクイナなどが生息しており、車に轢かれてしまう事も。その為道路を走行していると至る所に動物注意の道路標識が設置されています。
b72c9beb09aaeefa13659b4bbc5fb7a5_s
こういった道は車通りも少なく、ついついスピードを出しすぎてしまう事がありますが、ゆっくりとした走行を心掛けていただけると有難いです><

まとめ

★朝・夕の通勤時間帯の渋滞に注意!心と時間にゆとりをもって運転しましょう。
★朝・夕のバス専用車線(バスレーン)を事前に確認しておく。参考ページ
★ヤンバルでの運転は動物の飛び出しには注意しゆっくりとした走行を心掛ける。
以上の3つのポイントを抑えることでレンタカーでの沖縄ドライブを安全に楽しむ事ができるでしょう^^
是非沖縄観光の際に参考にされてくださいね♪

レンタカーを探す

出発日

返却日

エリア

車両タイプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このカテゴリの関連記事


Strict Standards: Only variables should be passed by reference in /home/car489/public_html/information/wp-content/themes/tabinfo/single-blog.php on line 101

ページの先頭に戻る